本学の学生・教職員を対象にWindows10/11 Educationの利用が可能です。
学生、教職員で利用方法が異なります。

学生向け

本学の学生を対象にWindows OS を Windows 10 Education または Windows 11 Educationにアップグレードすることができます。
Windows 10/11 Educationのライセンスを1人1台まで利用する事が可能で、WebストアではWindows 10/11 Educationを1回のみ無料でダウンロードすることができます。

アップグレード方法

  1. Kivuto OnTheHub Webストアにアクセスしてサインインを行います。
    ※サインインする際に認証画面が表示されますので、東薬IDとパスワードを入力して下さい。

2. 下記クイックガイドの資料を元にWebストアよりプロダクトキーを入手して、Windowsのアップグレードを行います。

3. インストーラが必要な場合は下記マイクロソフトのページよりダウンロードして下さい。

補足事項
  • Kivuto社のWebストアには他のソフトウェアもありますが、本学が包括契約により提供しているのは、学生向けWindows10/11 のみです。他のアカデミック向けソフトウェアも購入できますが、本学の特別な契約により提供しているものでありません。無闇に利用せず、商品の購入に関してはKivuto社にお問い合わせください。
  • Windows 10/11 Education は本学卒業後も引き続き利用できます。ただし商用目的には利用できません。
  • Boot Campや仮想化ソフトを使って,MacにWindowsをインストールすることができます。ただしM1/M2プロセッサー内蔵のMacについては,現状,BootCamp を使ってWindows 10,11 をインストールすることはできません。 その場合,仮想化ソフトである "Parallels Desktop 18 for Mac" を使えば,Windows 10,11 をMacに導入することができます(有償ソフトとなります)。
    Boot Camp:https://support.apple.com/ja-jp/boot-camp
    Microsoft:Windows および Microsoft Office を Mac で使用するためのライセンス
  • ただしBootCampで導入したWindowsにおいてHyper-Vを有効にしてはいけません。
    https://support.apple.com/ja-jp/HT207469

教職員向け

Windows10 / 11 Educationの利用が可能です。
利用される方は下記リンク先の「スタッフのためのマイクロソフト包括ライセンス」にある「2)Office (LTSC) および Windows 10/11 利用申請フォーム」より申請下さい。

補足事項
  • 当ライセンスは 1人1台まで適用可能です。また大学予算で購入した共用パソコンの場合は、1台に1ライセンス適用可能です。これにより、たとえばWindows 10/11 Homeエディションがインストールされたパソコンを、Windows 10/11 Educationへアップグレードすることも可能です。
  • Boot Campや仮想化ソフトを使って、MacにWindowsをインストールすることができます。ただしM1/M2プロセッサー内蔵のMacについては、Boot Campによる Windows 10/11 のインストールには対応していません。

    Boot Camp:https://support.apple.com/ja-jp/boot-camp
    なおBootCampで導入したWindowsにおいてHyper-Vを有効にしてはいけません。
    https://support.apple.com/ja-jp/HT207469